食品添加物でない添加物、異性化液糖、ぶどう糖果糖液糖、オリゴ糖




食品添加物に指定されていない人口甘味料としての液糖があります。

それぞれぶどう糖と果糖との結びつきの割合や糖がいくつか結びついたものを言います。

特に危険なものはなさそうですが、血糖値が高めの人は気を付けた方がいいものがあります。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

異性化液糖はどんな糖

異性化液糖は、デンプンを砂糖に変える魔法の技術によって出来たものでです。

砂糖はぶどう糖と果糖が1:1で結びついてます。

デンプンを分解するとぶどう糖が出来ます。

ぶどう糖に微生物が作る異性化酵素を作用させると一部が果糖に変わります。

酵素反応は水溶液で行いますので、ぶどう糖に異性化酵素を作用させるとぶどう糖と果糖が混ざった状態の液体が得られます。

これが異性化液糖で、人工的に作られた安価な砂糖と言えます。

ぶどう糖果糖液糖、果糖ぶどう糖液糖

ぶどう糖に異性化酵素を作用させると、ぶどう糖の半分が果糖に変わります。

ぶどう糖と果糖が1:1の混合物が得られるのですが、研究を重ねる内に果糖の方が多い混合物を得られるようになりました。

果糖は砂糖よりやや強い甘みを持っていますので、砂糖より甘みのある物が人工的に出来たことになります。

ぶどう糖果糖液糖は、ぶどう糖の方が果糖より多い異性化液糖です。

砂糖より甘いは弱いです。

果糖ぶどう糖液糖は、果糖の方がぶどう糖より多い異性化液糖です。

砂糖より甘みは強いです。

異性化液糖は消化に時間がかからないため、急激に血糖値が上昇します。

砂糖より血糖値が上がりやすいです。

したがって血糖値が高めの方は出来るだけ摂取することを避けた方がいいと思います。

添加物として人口甘味料ですが、特に心配するものはないです。

オリゴ糖混合異性化液糖の表示はオリゴ糖でもOK

オリゴ糖とは糖がいくつか結びついたものを言います。

一般的には2~4個ぐらい結びついたもので、マルトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、カップリングシュガー、パラチノースなどがあります。

オリゴ糖を食品に使用すると食べた時の重圧感、コク、ボリューム感を感じます。

オリゴ糖の甘みは砂糖より甘く、異性化液糖にオリゴ糖を混ぜ込んだものがオリゴ糖混合異性化液糖です。

食品表示はオリゴ糖でもOKです。

添加物のないオリゴ糖は健康食品

何の加工も添加物も入っていないオリゴ糖は健康食品としてもてはやされています。

オリゴ糖は腸まで届いてビフィズ菌をはじめとする腸内の善玉菌の食料となり、善玉菌を増殖させる効果があります。

善玉菌が増殖して腸の調子を整える効果があります。

通販で探すと酢種類のオリゴ糖が販売されています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す