添加物の種類ってどれぐらいあるのでしょうか

それぞれの食品添加物の用途と危険度




食品添加物の種類(分類)は、法令上では4種類あります。

1.指定添加物(合成添加物)454品目

2.既存添加物(天然添加物)365品目

3.天然香料 約580品目

4一般飲食物添加物 品目指定なし

上記4種類になりますので、詳しく説明していきます。

「添加物の種類ってどれぐらいあるのでしょうか」の続きを読む…

コンビニのサラダチキン、ダイエットにいいかもですが添加物は大丈夫なのか

ダイエットにとコンビニの野菜サラダ、サラダチキンで済ませていませんか?

コンビニのサラダ野菜は、傷まないように漂白剤が使われていると一時話題になりましたが、都市伝説で終わってしまったような感じがします。

コンビニの総菜では、サラダチキンがダイエットにいいともてはやされているようですが、添加物は大丈夫なのでしょうか?

詳しく調べてみました。

「コンビニのサラダチキン、ダイエットにいいかもですが添加物は大丈夫なのか」の続きを読む…

添加物の表示にはルールがあります

原材料名、添加物の表示方法には、いくつかのルールがあります。

食品のラベル、包装、箱などに、その食品に使用している原材料、添加物は全て表示するように法令で決められています。

しかし、中には表示しなくてもよい場合があります。

原材料名の表示は、消費者に対する重要な情報提供なのですが、消費者に分かりやすく正確に記載されているとはいいがたいです。

詳しく説明していきます。

「添加物の表示にはルールがあります」の続きを読む…

添加物不使用と書いているけど本当に何も添加されていないのでしょうか

無添加、添加物不使用、化学調味料不使用、合成着色料不使用、保存料不使用、着色料不使用、発色剤不使用、いろんな表示があります。

無添加、添加物不使用と表示されていると、食品添加物は不使用ということになります。

加工食品において、全ての食品添加物を排除するのは非常に難しくなってきてます。

その証拠にスーパーマーケットで添加物不使用の加工食品を探すのは至難の業です。

「添加物不使用と書いているけど本当に何も添加されていないのでしょうか」の続きを読む…