食品添加物の種類 酸化防止剤




リンゴを切っておくと褐色に変わります。

これは空気に含まれている酸素とリンゴに含まれている酵素の作用により褐色になるのです。

サラダ油などの食用油脂や、てんぷら、フライ食品など食用油脂を含む食品は空気の酸化を受けやすく褐色になります。

これを防ぐために酸化防止剤が添加されています。

酸化防止剤を使用した場合には、必ず酸化防止剤(物質名)という食品表示が必要です。

それぞれの酸化防止剤の名称と用途をまとめました。 「食品添加物の種類 酸化防止剤」の続きを読む…

食品添加物の種類 保存料

食品を保存するためには、真空包装、脱酸素剤の封入、窒素ガスのような方法も取られていますが、食品によっては出来ない場合もあります。

保存料とは、その名の通り食品を保存するために使われるのですが、食品を保存するとはどういうことでしょうか。

食品で繁殖する微生物の中には病原性大腸菌やサルモネラ菌のように食中毒を起こす菌がたくさんあります。

それらの菌を繁殖させないようにするのが保存剤です。

添加物として許可されている保存料は沢山ありますので説明します。 「食品添加物の種類 保存料」の続きを読む…

食品添加物の種類 甘味料

甘味料という言葉を聞いたことはあると思いますが、漢字の通り甘味を出す添加物です。

甘味料は時代とともに色々な合成甘味料が開発されてきました。

発がん性が問題となり禁止された甘味料もあります。

また、一度は禁止された甘味料が使用してもよいことになったものもあります。

甘味料一つ一つを説明します。

「食品添加物の種類 甘味料」の続きを読む…

いろんな食品に使われている食品添加物アミノ酸って何でしょうか

お弁当を買っても、お惣菜を買っても、原材料名に表示されている添加物には、アミノ酸が必ずあります。

カップ麺、スープ、ふりかけ、味が付いている加工食品には、必ずアミノ酸が添加されています。

表示には、調味料(アミノ酸)と書かれていることが多いです。

調味料(アミノ酸)について、詳しく説明します。

「いろんな食品に使われている食品添加物アミノ酸って何でしょうか」の続きを読む…

加工デンプンは食品添加物です

加工デンプンは、法令上の食品添加物です。

食品添加物には、紛らわしい表示がされているものも多いので、その文字からは想像できない物が多いです。

デンプンと言えばジャガイモなどを潰して水を加えると、白い粉が沈殿します。

沈殿する白い粉が澱粉の由来ですが、漢字が難しいので、澱粉、でん粉、デンプンと表示されるようになりました。

加工デンプンとは、天然デンプンにいろいろな化学薬品を混ぜて化学反応させて作られて物質です。

詳しく説明します。 「加工デンプンは食品添加物です」の続きを読む…

添加物としての次亜塩素酸ナトリウムはどれほど危険なのか

家庭では、まな板や調理器具の消毒、殺菌や漂白によく使われている漂白剤キッチンハイターが次亜塩素酸ナトリウムです。

食品工場や老人施設、病院などの殺菌消毒にも広く使用されています。

この次亜塩素酸ナトリウムが食品添加物として使われているのです。

次亜塩素酸ナトリウム5%水溶液を15~30mlを子供に飲ませると死亡するというレポートもあります。

なぜそんな危険なものが食品添加物として使われているのでしょうか? 「添加物としての次亜塩素酸ナトリウムはどれほど危険なのか」の続きを読む…

食品添加物でない添加物タンパク質加水分解物

タンパク質加水分解物は人口調味料です。

食品添加物の指定はされていませんが、多くの加工食品に添加物として使われています。

食品添加物として指定しなくても大丈夫なのでしょうか?

安全性については危惧されるところがあります。 「食品添加物でない添加物タンパク質加水分解物」の続きを読む…

食品添加物でない添加物、異性化液糖、ぶどう糖果糖液糖、オリゴ糖

食品添加物に指定されていない人口甘味料としての液糖があります。

それぞれぶどう糖と果糖との結びつきの割合や糖がいくつか結びついたものを言います。

特に危険なものはなさそうですが、血糖値が高めの人は気を付けた方がいいものがあります。 「食品添加物でない添加物、異性化液糖、ぶどう糖果糖液糖、オリゴ糖」の続きを読む…