食品添加物の種類 発色剤




発色剤とは食品もともとの色に化学反応を起こさせる事によって見た目をキレイにする添加物です。

日本では生鮮肉や鮮魚類への使用は禁止されており、主にハムやソーセージの加工品に使われています。

ピンク色の美味しそうなハムには一体どんな添加物が使われているのでしょうか、ご紹介いたします。

「食品添加物の種類 発色剤」の続きを読む…

食品添加物の種類 着色料

着色料は食品を美味しく見せるためキレイに色を付ける添加物です。

昨今、味よりも商品の見た目が重視されているため、いかにも美味しそうに見える食品には大抵使われています。

日本でも江戸時代より天然の植物を利用して着色する文化はありましたが、明治頃から合成着色料が普及し、現在も危険性がわかるとその都度禁止されています。

着色料は合成の他、植物や虫、菌からなど様々なものから作られています。

「食品添加物の種類 着色料」の続きを読む…

食品添加物の種類 増粘剤・安定剤・ゲル化剤・糊料

増粘剤やゲル化剤など呼び方は用途によって様々ですが、全てとろみや粘りを出すための添加物です。

プリンやゼリーのように固めたり、ケチャップやソースなどのとろみを出したり、生クリームやアイスなどの粘りなど多様に使われています。

天然から抽出できるものや合成のものもあり、それぞれ微妙に性質が異なるため、用途と使用した物質名を併記することになっていますが、何種類も使用した場合は「増粘多糖類」と表示したり、分からなければ総じて糊料と表示しても良いことになっています。

「食品添加物の種類 増粘剤・安定剤・ゲル化剤・糊料」の続きを読む…

食品添加物の種類 漂白剤

漂白剤というと洗剤を思い浮かべてしまいがちですが、私たちが口にする食品にも幅広く使われています。

消費者は味よりも先に見た目で購入を判断します。

自然のままで充分美味しいけれど、つい綺麗な色のものを手にしてしまいます。

漂白剤を使用することで、より白くしたり、元の色を薄くして着色料で綺麗に色付けしたり、また変色を防ぐための酸化防止剤や保存料としても使われていますが多くは表示されません。

それぞれの漂白剤の名称と用途をまとめました。
「食品添加物の種類 漂白剤」の続きを読む…

食品添加物の種類 酸化防止剤

リンゴを切っておくと褐色に変わります。

これは空気に含まれている酸素とリンゴに含まれている酵素の作用により褐色になるのです。

サラダ油などの食用油脂や、てんぷら、フライ食品など食用油脂を含む食品は空気の酸化を受けやすく褐色になります。

これを防ぐために酸化防止剤が添加されています。

酸化防止剤を使用した場合には、必ず酸化防止剤(物質名)という食品表示が必要です。

それぞれの酸化防止剤の名称と用途をまとめました。 「食品添加物の種類 酸化防止剤」の続きを読む…

食品添加物の種類 保存料

食品を保存するためには、真空包装、脱酸素剤の封入、窒素ガスのような方法も取られていますが、食品によっては出来ない場合もあります。

保存料とは、その名の通り食品を保存するために使われるのですが、食品を保存するとはどういうことでしょうか。

食品で繁殖する微生物の中には病原性大腸菌やサルモネラ菌のように食中毒を起こす菌がたくさんあります。

それらの菌を繁殖させないようにするのが保存剤です。

添加物として許可されている保存料は沢山ありますので説明します。 「食品添加物の種類 保存料」の続きを読む…

子供も大人も大好きなグリコポッキーの添加物

グリコのポッキーは子供も大人も大好きです。

バーなどのおつまみにポッキーが出てくることもあります。

グリコのポッキーは1966年に発売されて、50年以上のベストセラーのお菓子なんです。

色々な種類のポッキーが発売されていますので、添加物が気になりました。

それぞれのポッキーに含まれている添加物を調べてみました。 「子供も大人も大好きなグリコポッキーの添加物」の続きを読む…

食品添加物の種類 甘味料

甘味料という言葉を聞いたことはあると思いますが、漢字の通り甘味を出す添加物です。

甘味料は時代とともに色々な合成甘味料が開発されてきました。

発がん性が問題となり禁止された甘味料もあります。

また、一度は禁止された甘味料が使用してもよいことになったものもあります。

甘味料一つ一つを説明します。

「食品添加物の種類 甘味料」の続きを読む…

小さな子供に食べさせたいお菓子、ビスコの添加物は大丈夫なのか

小さな子供に食べさせたいお菓子にビスコがありますが、添加物が大丈夫か気になりました。

グリコのビスコが生まれたのが1933年(昭和8年)です。

ビスコの名前の由来は、当時栄養効果が注目されていた酵母から、酵母ビスケット、コービス、ビスコとなったのです。

誰もが物心ついた時にはビスコが販売されていました。

そして小さな子供のお菓子と言えばビスコ、と思っていた人は多いのではないでしょうか。

ここで少し疑問に思ったのは、添加物は大丈夫なのか? 「小さな子供に食べさせたいお菓子、ビスコの添加物は大丈夫なのか」の続きを読む…

ロースハムは添加物で作られた合成ハムばかりです

ハムとは元々は豚肉のもも肉を塩漬けした物を言うのですが、日本で一般的に売られているハムで豚肉のもも肉を塩漬けしたものはありません。

一般的にスーパーや食品店で売られているハムには、ロースハムやボンレスハムがありますが、違いは使っている肉の部位でロースは豚のの背中の部分ロース、ボンレスはもも肉です。

本来のハムの意味であるもも肉を使ったボンレスハムより、ロースハムの方が多く売られているのは、ハムを売りたくて作ったのではなく、食肉加工で余ったロース肉を使う方法としてロースハムが開発されたのです。

どういうことか説明します。 「ロースハムは添加物で作られた合成ハムばかりです」の続きを読む…