小さな子供に食べさせたいお菓子、ビスコの添加物は大丈夫なのか

小さな子供に食べさせたいお菓子にビスコがありますが、添加物が大丈夫か気になりました。

グリコのビスコが生まれたのが1933年(昭和8年)です。

ビスコの名前の由来は、当時栄養効果が注目されていた酵母から、酵母ビスケット、コービス、ビスコとなったのです。

誰もが物心ついた時にはビスコが販売されていました。

そして小さな子供のお菓子と言えばビスコ、と思っていた人は多いのではないでしょうか。

ここで少し疑問に思ったのは、添加物は大丈夫なのか? 「小さな子供に食べさせたいお菓子、ビスコの添加物は大丈夫なのか」の続きを読む…