食品添加物の種類 着色料




着色料は食品を美味しく見せるためキレイに色を付ける添加物です。

昨今、味よりも商品の見た目が重視されているため、いかにも美味しそうに見える食品には大抵使われています。

日本でも江戸時代より天然の植物を利用して着色する文化はありましたが、明治頃から合成着色料が普及し、現在も危険性がわかるとその都度禁止されています。

着色料は合成の他、植物や虫、菌からなど様々なものから作られています。

「食品添加物の種類 着色料」の続きを読む…

添加物の表示にはルールがあります

原材料名、添加物の表示方法には、いくつかのルールがあります。

食品のラベル、包装、箱などに、その食品に使用している原材料、添加物は全て表示するように法令で決められています。

しかし、中には表示しなくてもよい場合があります。

原材料名の表示は、消費者に対する重要な情報提供なのですが、消費者に分かりやすく正確に記載されているとはいいがたいです。

詳しく説明していきます。

「添加物の表示にはルールがあります」の続きを読む…