セブンイレブンの惣菜で夕食の支度は便利ですが添加物は大丈夫なのか




セブンイレブンだけでなく、ローソン、ファミリーマートでも、お惣菜に力を入れているようです。

おひとり様でも食べられるサイズに工夫をしてます。

殆どのお惣菜がレトルトパックになっていて、賞味期限も長いですね。

日持ちがするということは添加物が気になります。

一つ一つチェックしました。

スポンサーリンク




WEBフリーライター参入マニュアル

セブンイレブンゴールド金のビーフシチューの添加物

原材料名の表示でカラメル色素からが添加物です。

カラメル色素、増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、香料が添加物になります。

意外に添加物が少ないですね。

ビーフシチューはデミグラスソースが、メインの料理ですが開けてみると、内容は角切りされたビーフとジャガイモ、それにデミグラスソースです。

デミグラスソースを作るときに添加物が入れられている可能性がありますが、表示義務がないのでわかりません。

この加工食品いに使われたデミグラスソースは、それなりのとろみもあり、褐色の色をしていたと思います。

しかし、もっととろみを付けたくて、増粘剤を添加したと思われます。

デミグラスソースの色をより褐色にするためにカラメル色素が使われていると思われます。

すでにデミグラスソースを作るときに、増粘剤、カラメル色素が使われている可能性があります。

その上に、また増粘剤とカラメル色素が添加されていることになります。

調味料(アミノ酸等)、香料も同じです。

 

添加物の中でもカラメル色素は、あまり評判がよくありません。

カラメルと聞くとプリンにかけられる砂糖を煮詰めたものを想像しますが、添加物に使われるカラメル色素はよくわからないものから作らていることも多いです。

合成着色料では、食品衛生法で不純物が15%未満となっているものが多いのですが、カラメル色素には基準がありません。

カラメル色素は、デンプンを塩酸や酵素などで分解したものや、砂糖を作るときに出来る副産物、その他の糖類に酸、アルカリ、亜硫酸塩。アンモニウム化合物を加え過熱して製造します。

いろいろなものを原料にしますので、純粋な糖類だけを原料にするわけではなく、不純物も制限がありません。

糖類以外の物質も変化しますので、カラメル色素とはわけのわからない物質の集合体になります

北海道男爵いものポテトサラダの添加物

ポテトサラダの添加物ですが、なんと酸味料のみです。

ポテトサラダは。以外に日持ちが良くないので酸化防止剤が入っているかと思ったのですが、入っていないようです。

酸味料ですが、法令で一括表示が許されているのが24種類あります。

アジピン酸、クエン酸、クエン酸三ナトリウム、グルコノデルタラクトン、グルコン酸、グルコン酸カリウム、グルコン酸ナトリウム、コハク酸、コハク酸一ナトリウム、コハク酸二ナトリウム、酢酸ナトリウム、DL-酒石酸、L-酒石酸、DL酒石酸ナトリウム、L-酒石酸ナトリウム、乳酸、乳酸ナトリウム、二酸化炭素、氷酢酸(ひょうさくさん)、フマル酸、フマル酸一ナトリウム、DL-リンゴ酸、DL-リンゴ酸ナトリウム、リン酸

以上が法令で一括表示許されている酸味料になります。

酸味料は、食品に酸味を付けるだけではなく、食品の酸味を増強させるためにも使われます。

食品の酸味を増強させるために使うときは、㏗調整剤と表示されます。

実は酸味料の中には、微生物の増殖を抑制し食品の「日持ち」を長くする効果を示すものもあります。

このような用途で酸味料を使う場合は、一括表示ではなく、それぞれの物質名を表示しなければなりません。

しかし、酸味料と表示されている場合、酸味料として使われているのか、日持ちを良くするために使われているのかわかりません。

このポテトサラダの場合、日持ちをさせるために酸味料が使われていると疑われますね。

セブンイレブン総菜きんぴらごぼうの添加物

きんぴらごぼうに入っていた添加物は、PH調整剤と調味料(アミノ酸等)です。

原材料名に果糖ぶどう糖液糖とありますが、食品添加物ではありません。

しかし、果糖ぶどう糖液糖は、人口甘味料です。

ぶどう糖に異性化酵素を作用させると、ぶどう糖の半分が果糖に変わります。

研究が進み果糖の方が多い混合物が得られるようになりました。

それが果糖ぶどう糖液糖ですが、人工的に製造されるものですから、食品添加物の指定して規制されるべきだと思います。

異性化液糖は、摂取すると消化に時間が掛かりませんので、急速に血糖値があがります。

血糖値が高めの方にはよくない添加物です。

PH調整剤は、酸性からアルカリ性の段階を表示するPHを調整する添加物です。

食品はやや酸性が味の面からも健康の面からも好ましいとされてます。

食品にはそれぞれ好ましいPHの範囲があるので、PHを保つための添加物がPH調整剤です。

PH調整剤は一括表示許されていいる化合物が34種類あります。

調味料(アミノ酸等)は、加工食品には必ずと言っても過言ではないぐらい使われる添加物ですね。

調味料(アミノ酸等)は、ほぼグルタミン酸ナトリウムと言えます。

スポンサーリンク

コメントを残す